スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白雪選手ふたたび!

世界陸上女子マラソンは日本の尾崎選手と中国の白雪選手が手に汗握る好勝負を見せてくれました。
優勝した白雪選手は3月の名古屋国際女子マラソンで私の目を釘付けにした選手です。

名古屋国際のときの白雪選手は腕をだらりと下げて走るノーガード走法が新鮮でした。
彼女の走りに感動して自分もノーガード走法を試して怪しい人になりつつも意外と走れることに驚いたものです。

ちなみに3月の名古屋国際のときの白雪選手は↓のyoutubeで見ることができます。
http://www.youtube.com/watch?v=yP4ePZkuTrI&feature=related
(10秒前後のところで白雪選手のノーガード走法が良くわかります。)

今回の白雪選手は低い位置ですが腕を振っていました。
解説の増田さんは白雪選手がたまにぶらりと下げる腕振りが不気味だといっていましたが、自分の目には普通の走り方になっていて残念に思いました。

白雪選手には、常識にとらわれない新しい走法の開発を期待しているのです。
このまま普通の走法にまとまってほしくありません。
彼女の走り方が今後どのように進化するのか今しばらく注目していこうと思います。
スポンサーサイト

theme : ジョギング・ランニング
genre : スポーツ

名古屋国際女子マラソンで見た白雪選手

以前はマラソンや駅伝中継があっても特に見ようとは思わなかったのですが、
ジョギングを始めてからは、走り方の研究のためによく見るようになりました。

日曜日の名古屋国際女子マラソンには実に興味深い選手がいました。
中国の白雪選手です。

白雪選手の特徴は腕の使い方です。
腕をあまり曲げず、ほとんど振らずに走ていました。
腕が長いこともあって人間離れした動きに見えます。
宇宙人が襲来したかと思いました。

しかし、白雪選手のベストタイムは参加選手中トップですから
単に変な走り方というだけで済ますわけにはいきません。

レースは序盤で先頭集団が4人(白雪〔中国〕、キレル〔ケニヤ〕、新谷、藤永)になったので4人の中の比較ですが、白雪選手は誰よりも早いピッチで走っているということに気がつきました。
この早いピッチは、腕を振らず体のねじれが少ないために可能なのでしょう。
ナンバ走りに通じるものがあるように思いました。

白雪選手は残念ながら今回は途中で失速してしまいました。
優勝したのは先頭集団4人のなかで一番普通の走り方をしていた藤永選手でした。
しかし、中国と白雪選手の常識にとらわれない独特の走法へのチャレンジには拍手を送りたいです。
(中国には他にも同じような走りをする選手がいるそうです。)




theme : ジョギング・ランニング
genre : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。